たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

ルトラール錠

おくすり辞典 2014年12月17日

黄体ホルモンを補うお薬です。婦人科領域で用いるほか、高用量製剤を男性の前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使います。 

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌されます。

そして、子宮内膜を充実させ、受精卵が着床しやすい状態にします。この期間は体温が上昇する高温期(黄体期)です。

さらに、着床後も分泌が続き、妊娠を維持する働きをします。

このお薬は、黄体ホルモンとして働く「黄体ホルモン薬」です。黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。生理不順や無月経、機能性子宮出血(器質的に異常のない予定外の出血)、黄体ホルモンの不足による不妊症などに用います。

 合成黄体ホルモン薬です。天然の黄体ホルモンに近い自然な作用を示します(プレグナン型プロゲストーゲン)

 

ルトラール錠の作用と効果について

黄体ホルモンとして作用し、黄体ホルモンの不足やホルモンバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。
通常、無月経、生理不順、月経困難症、機能性子宮出血、黄体ホルモンの不足による不妊症などの治療に用いられます。

 

副作用

主な副作用として、乳房痛、発疹などがあります。
 
たんぽぽ茶ショウキT-1はThe 5th International Symposium on TMC Tianjin China 2008年にて「タンポポT-1の視床下部 下垂体機能の活性化及び排卵促進と排卵増加作用についてで発表されました。

【関連キーワード】