たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

「ヒュメゴン」

おくすり辞典 2014年08月26日

無排卵症の人のための排卵誘発、人工授精、体外受精、顕微授精などの際に使用されるヒュメゴンは、月経の開始から数回、筋肉注射をします。

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の両方が入ったホルモン剤で、FSHとLHの比率が1対1になっているのが特徴。卵巣を直接刺激することで排卵を促します。強さでいうとhMGよりやや強めの作用があります。

 

ヒュメゴンはFSHもLHも全体的に低い場合に使われることがほとんどです。同じヒュメゴンでもヒュメゴン75とヒュメゴン150がありますが、これはFSHとLHの組成が少し違います。

FSHとLHの比率が違うだけで、薬剤の名称が異なりますが、いずれもhMGのバリエーションです。

 

 

副作用は、注射部位が赤くなるといった副作用のほか、卵巣がはれる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こすことがあります。OHSSは重症化すると胸水がたまって呼吸困難を引き起こしたり、血液が濃縮するなど、命にかかわるケースも出てきます。これもhCGを投与しなければ、重症化にいたることは少ないので、早期発見とすみやかな対応が必要になります。

HMGはFSHと類似した働きをします。たんぽぽ茶ショウキT-1は安心して併用いただけます

 

関連のおくすり:パーゴナル、パーゴグリーン、ゴナドリール、HMGフジ、HMG日研

 

【関連キーワード】, , ,