たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

たんぽぽとは? 2

たんぽぽ茶ショウキT-1について 2014年10月10日

■タンポポは単為生殖できる

 セイヨウタンポポにしてみれば、トウカイタンポポに拒否され、カンサイタンポポも子孫を減らしていくので、自分たちの子孫繁栄の効率は低くなりそうなものだが、そうではない。

 

セイヨウタンポポは他からの花粉に頼らずとも、自分で種子を大きくして(単為生殖によって)、数を増やしていけるのだ。

 

また、まれにできた在来タンポポとの雑種も、このような自分で自分のコピーを増やすクローン繁殖をして増えるのだという。

 

■ダーウィン時代からの謎解明に繋がる発見

 今回の実験結果のようにセイヨウタンポポが、近縁であるカンサイタンポポの繁殖に悪影響を及ぼす現象は「繁殖干渉」と呼ばれる。

 

繁殖干渉によって在来植物が外来種に置き換わるメカニズムが明らかになったことで、「近縁の生物が同じ場所にほとんど存在しない」という、ダーウィン時代から謎とされていた現象の解明にも繋がりそうだ。

【関連キーワード】