たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

―タンポポT-1老化した卵子を若返らせる―

たんぽぽ茶ショウキT-1について 2015年01月24日

 次に、タンポポT-1は、女性ホルモンの受容体を増やします。

 

 ご存知のように、女性ホルモンは現代医療でつくることができます。しかし、いくら体の中に女性ホルモンを入れてあげても、その受け皿(受容体)がなければ、それを受け取ることはできません。ところが、不妊で悩んでいる女性の中には、この受容体に問題がある方も多いのです。

 

 その原因は、1つには老化、すなわち卵子全体の老化と受容体そのものの老化です。そして、もう1つは、環境ホルモン(内分泌物撹乱化学物質)。環境ホルモンが卵子の受容体を占領してしまって、本来受け取るべき本当の女性ホルモンが、収まる場所がない状態です。たとえて言うなら、椅子取りゲームで椅子に座れない状態です。

 

 この環境ホルモン————内分泌撹乱作用が疑われる化学物質の数は約70物質といわれており、これを用途別に分類すると、殺虫剤・農薬・除草剤、プラスチックの原材料・添加物、その他(重金属、PCB、ダイオキシン、合成女性ホルモンなど)となります。

 

 ちなみに、プラスチックの環境ホルモンに関しては、こんな話があります。

 

 1970年代、乳がんの細胞培養の研究中に、プラスチックのシャーレの中で培養していた乳がん細胞が、卵胞ホルモンを投与していないのに異常増殖したというのです。つまり、使用していたプラスチックのシャーレから環境ホルモンが流れ出て、こういう現象を起こしたわけです。

 

 さて、タンポポT-1は、まず、老化した卵子やその受容体を若返らせます。すると卵巣の働きが良くなりますから、当然、卵子の育ちも良くなります。そして、卵子の受容体そのものを増やすのです。これで卵子は女性ホルモンを必要な分だけ受け取ることができ、その結果、成熟した良い卵子が育つというわけです。

 

 さらに、卵子の周りには、たくさんの顆粒膜細胞と呼ばれる細胞がくっついていて、それが卵子に栄養を提供しているのですが、タンポポT-1はこの顆粒膜細胞に作用して、顆粒膜細胞を増やします。実は、年齢が高くなるにつれ、顆粒膜細胞は少なくなり、卵子の育ちは悪くなるのですが、タンポポT-1はここでも力を発揮します。

 

 

 

たんぽぽ茶ショウキT-1開発者 邵輝医学博士 著書

「赤ちゃんを授かりました!」より一部抜粋

【関連キーワード】