たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

たんぽぽ茶ショウキT-1 Q&A集

ニュース 2017年04月30日

<子宝編>

Q:なぜ、不妊でお悩みの方に良いのですか?

A:不妊の原因は様々ですが妊娠する為に一番大切な事は、卵子がしっかりと成長する事です。たんぽぽ茶ショウキT-1は脳下垂体に働き、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促す事で、黄体ホルモン(プロゲステロン)、卵胞ホルモン(エストラジオール)の分泌を良くしてくれます。ホルモンバランスを整える事で、卵子の成長に良い影響を促してくれます。

 

Q:妊娠中も飲めますか?

A:はい。製品の特長でもあるのですが、レトルトパックにする事で防腐剤等の添加物を一切使用しておりません。開封後は、すぐにお飲み下さい。また第三者機関である「財団法人日本食品分析センター」にて「ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験」を行っています。これは妊娠中にたんぽぽ茶ショウキT-1をお飲み頂いても、ご自身の身体または胎児の染色体に影響を与えないという試験です。

個人差がありますが、1日に2包を目安に飲用する事をお勧めします。妊娠中は、妊娠高血糖や妊娠高血圧、下肢のむくみや膀胱炎になりやすい為、毎日2包の飲用をお勧めします。

 

Q:受精卵の質が上がるのは何故ですか?

A:卵巣内で180日以上の時間を掛けて卵子は成長しますが、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)がしっかり出ていないと卵子の成長が悪い傾向にあります。またホルモンは血液を介して全身に運ばれていますが、例えば子宮の毛細血管が冷え等によって狭くなっていると運ばれにくくなります。たんぽぽ茶ショウキT-1には、毛細血管を広げる作用があります。尿の量が増える方もおられます。子宮の血液循環を良くしてあげる事で、卵子の成長を助ける事ができるのです。

 

Q:飲み始めてすぐにおりものが多くなりましたが、何故でしょうか?

A:いわゆる頚管粘液ですがホルモンバランスを整えますので、ホルモンの分泌量が増えていると考えられます。

 

Q:たんぽぽ茶ショウキT-1を飲んで無事妊娠でき出産も無事終わりましたが、継続的に飲み続けても良いですか?

A:女性は毎日のホルモンの値が変化します。季節によっても変化が激しく、女性特有の悩みが出てきます。例えば女性ホルモンだけではなく、甲状腺ホルモンのバランス調整目的でも飲用頂けます。飲用目的は様々ですが、最終的には解毒ができます。生活習慣病の予防も含めて、1日2包~3包の飲用がお勧めです。

 

 

 

Q:飲用していると、生理の低温期が長くなりました。何故でしょうか?

A:卵子の成長期間ですので低温期が変化するという事は、ホルモンが変化して良い卵子を育てようとしている状態です。長い短いは、心配ありません。

 

Q:卵巣チョコレート嚢腫に良いですか?

A:卵巣チョコレート嚢腫は、血液循環が悪くなる事やホルモンバランスの乱れが原因です。1日2包~3包を目安にお飲み下さい。また併用で松康泉の飲用と妊娠三穴(神闕・関元・気衝)の温灸もお勧め致します。

 

Q:生理痛に良いですか?

A:生理痛時には、骨盤内で炎症が起こっています。この炎症を取らないといけません。骨盤内の毛細血管をしっかりと広げてあげる事で、炎症物質を出してあげる事が出来ます。痛みがある時には、抗炎症作用のある松康泉もお勧めです。また「冷え」が生理痛の原因でもありますので、「邵氏温灸器」で妊娠三穴「神闕(おへその位置)・関元(おへその下約5cm)・気衝(左右の股関節)」に温灸をするのもお勧めです。

 

Q:生理時に血の塊が出るのですが、改善されますか?

A:血液の塊が出るのは、良い事です。子宮内膜のお掃除期間であり、解毒の証拠です。但し、内膜(お布団)が硬いとも考えられるので、子宮内の血液の流れやホルモン分泌の改善も重要です。たんぽぽ茶ショウキT-1によって、これらの改善が期待できます。

 

Q:生理時の出血量が多いのですが、改善されますか?

A:経血量がかなり多い場合は子宮筋腫や子宮ポリープ等の症状が考えられるので、一度婦人科を受診されてみてはいかがでしょうか。子宮筋腫や子宮ポリープも子宮の血液循環が悪くなる事や、ホルモンバランスが乱れる事で起こります。

また女性ホルモンはストレスに敏感なので、ストレスを緩和しホルモンバランスを整える為にたんぽぽ茶ショウキT-1をお飲み頂けると良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

<その他>

Q:お薬のような副作用は、有りますか?

A:お薬ではないので特にございません。但し寝る前に飲用すると、利尿作用があるのでおしっこが近くなる方がおられます。気になる方は、夕食前の空腹時にお飲みください。

 

Q:胃腸が弱いのですが、飲んでも大丈夫でしょうか?

A:はい、大丈夫です。第三者公的機関である日本食品分析センターの試験で、農薬や防腐剤をはじめとする添加物が一切入ってない事が証明されています。また皮膚刺激性試験も実施しており、刺激性はなく無毒である事も証明されています。

 

Q:便が緩くなりましたが、何故でしょうか?

A:胆汁の分泌促進作用があり、胆汁の刺激によって腸の動きが良くなる事が考えられます。赤ちゃん (3歳以下)は肝機能がしっかりしていないので、便が緩くなる事があります。倍に薄めてお飲み下さい。

 

Q:食欲が増すのは、何故でしょうか?

A:ホルモンバランスが変わる事によって、食欲が増す事が時々あります。体内の毒の排泄が進むと必要な栄養が欲しくなる事があります。

 

Q:花粉症にも良いですか?

A:はい。たんぽぽ茶ショウキT-1にはアレルギー抗体であるIgEを下げる効果があり、動物実験で実証されています。飲み始めて1ヶ月以上の方から「花粉症が楽になった」というお声をたくさん頂いております。また妊娠中は飲めない薬が多いので、たんぽぽ茶ショウキT-1をお勧め致します。

 

Q:飲むと良い時間帯は、有りますか?

A:ホルモンバランスを調整したい方(不妊・生理痛・生理不順・更年期等)・・・寝る前

  元気のない方(パーキンソン、鬱病等も)・・・朝起きてすぐ

  糖尿病のお薬またはインスリンを併用している方・・・食事直前または、お薬の時間を避けて

吸収率が良い「空腹時の飲用」をお勧めします。

 

Q:インフルエンザの予防になりますか?

A:開発者である邵輝医学博士は、ウイルス遺伝子学の専門家です。元々抗ウイルス薬の研究の中で、この成分(T-1)が発見されました。インフルエンザやヘルペス、肝炎ウイルス等に対する抗ウイルス作用が確認されており、予防または治療が期待できます。

 

 

 

Q:腎臓機能が弱いと言われましたが、体質改善されますか?

A:腎臓機能が低下すると回復する事は、大変難しいです。これ以上低下しないようにする為に飲用をお勧めします。たんぽぽ茶ショウキT-1は末梢血管拡張作用があり、腎糸球体の血流を促進する事でスムーズな排尿に繋がります。おしっこを出す事で、機能回復が期待できます。腎臓機能が「元々弱い」と言われた事のある方、透析をしなくてはいけない方にもお勧めです。

 

Q:癌の予防効果は、有りますか?

A:癌の方にお飲み頂き、「痛み等の症状が緩和した」、「抗癌剤の副作用が軽減された」等のお声をたくさん頂いております(船戸クリニック他)。癌細胞の増殖抑制作用のエビデンスがあります。1日2~3包の飲用をお勧めします。

 

Q:どのような病気の予防に良いですか?

A:ホルモン関連の症状(不妊症等婦人科疾患、生活習慣病、糖尿病、腎疾患、眼科疾患、アレルギー疾患(アトピー・リウマチ・花粉症等)、ウイルス性疾患等にお勧めです。

 

Q:冷え症に良い理由は?

A:たんぽぽ茶ショウキT-1は、末梢血管を開きます。血液は体温を運んでいますが、しっかりと運ばれていないと手足の冷えが生じます。

 

Q:他のお薬や健康食品と併せても大丈夫ですか?

A:はい、大丈夫です。内科、外科、婦人科、泌尿器科、心療内科、整形外科で使用して頂いております。病院のお薬(ステロイド、ホルモン剤、抗生物質、抗癌剤等)と併用している事が多くありますが、副作用や相互作用は報告されておりません。漢方薬、健康食品との併用も全く問題ありません。

 

Q:飲んで4~5ヶ月で体重が減りましたが、なぜですか?

A:実際にダイエットにも使用しています。利尿作用がありますのでいわゆる水毒(身体に余分な水分が溜まっている状態)が原因の方は、体重が減ります。

 

2017-01-23 20.06.38

 

【関連キーワード】