たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

老化や寿命をも左右する腎臓をたんぽぽ茶ショウキT-1で守る

ニュース 2017年10月03日

2017年10月1日に放送されたNHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク 第1集▽腎臓が寿命を決める」は、腎臓が情報を発信しながら各臓器を調整していることがわかる興味深い番組でした。  

  

腎臓は汚れた血液をろ過し、不要なものを尿として排出しますが、それは作られる原尿の1パーセントにすぎません。ろ過された原尿には糖分、塩分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなど体に必要な成分が多く含まれ、再吸収されて血液に戻されます。これらの成分を再吸収する際に、体内で情報を交換しながらどの成分がどれくらい必要かを判断するのが腎臓の大切な役目です。
  
腎臓はメッセージ物質を放出して各臓器と情報を交換し、血液の成分を適正に保ちます。体内ネットワークの要ともいえる重要な役割を果たしているため、この働きを利用して体中に効率よく酸素を運ぶ高地トレーニングや、腎臓の手術で血圧を下げる治療が行われています。同時に腎臓の異常は他臓器にも悪影響をもたらし、他臓器の異常が腎臓に悪影響を及ぼしており、良くも悪くも体全体に影響を与えます。
     

さらに、腎臓の働きが老化や寿命にも関連していることが示唆されています。
  
腎臓は体内のいろいろな成分を調整しますが、その一つであるリンに注目が集まっています。リンは生命維持に欠かせませんが、多すぎると老化を加速し、リンが少ない動物ほど長生きすることがわかりました。腎臓は骨からのメッセージを受けてリンの量を調整します。腎臓の不調は老化や寿命にも影響を与えているのです。
  
腎臓に対する単なる「尿を作る臓器」としての認識を一掃する内容で、改めて腎臓の大切さがわかりました。

    

 

 

たんぽぽ茶ショウキT-1が腎臓の働きを助ける 

 

  

腎臓には多量の血液が流れており、特に糸球体は毛細血管のかたまりです。血流が悪いと腎臓の負担が大きくなります。体を解毒し、血流を改善することが、腎臓が適切に働く助けになります。
  
たんぽぽ茶ショウキT-1は毛細血管の血流を改善します。マウスにたんぽぽ茶ショウキT-1、水、ビタミンEをそれぞれ投与し、腹膜毛細血管の赤血球の流量変化を測定したところ、3週目よりたんぽぽ茶ショウキT-1を投与したマウスの赤血球の個数が水に比べて4倍以上多くなりました。
  
たんぽぽ茶ショウキT-1は各病院で糖尿病性腎症や慢性腎炎などに使用されている症例も多くあります。大切な腎臓を守るために、たんぽぽ茶ショウキT-1をお勧めします。

   

<参照>
■NHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク 第1集▽腎臓が寿命を決める」、2017年10月1日放送

【関連キーワード】