たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

「大流行のウイルス病」

ニュース 2016年02月02日

・過去10年で最多の患者数!
「リンゴ病」と聞くと可愛い感じがしますが、正式名称を「伝染性紅斑」と言い頬や体が赤くなる病気です。

このウイルス性の感染症が過去10年間の中で最多の患者数となっている事が、国立感染症研究所のまとめで分かりました。子供たちを中心に流行していますが、「大人のリンゴ病」も流行っているそうです。
リンゴ病は、「パルボウイルスB19」という少し舌を噛みそうなウイルスが原因です。せきやくしゃみをきっかけに感染し頬や腕、足などが赤くなり頭痛や関節痛が出る事もあります。
子供では10歳未満の罹患が多く、成人では30代~40代の女性が多く罹患しています。妊婦さんが感染すると、胎児の組織に水分が溜まる「胎児水腫」や流産の恐れがあります。妊娠中にリンゴ病に罹ると約7割の確率で流産や死産になりますので、警戒が必要です。


・四年半ぶりの大流行!

耳の下側が腫れるのが特徴なのが「おたふく風邪」ですが、こちらも正式名称は「流行性耳下腺炎」と言い上記のリンゴ病と同じウイルス性の感染症です。こちらは、四年半ぶりの全国的な流行である事が国立感染症研究所のまとめで分かりました。
おたふく風邪はムンプスウイルスに感染する事で発症し、潜伏期間が2、3週間と長く耳やあごの下が腫れて熱が出ます。
通常は二週間以内に自然と治りますが、髄膜炎を併発したり約1000人に1人の割合で難聴になったりする場合もあります。ウイルス病としては珍しく、冬から夏に向けて増加傾向にあります。


・2月に向けて患者数急増!



毎年初冬の嫌な風物詩というと、インフルエンザの大流行です。ところが今季は今までと異なり、9年ぶりに越年してからの大流行となります。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって起こるウイルス性呼吸器感染症です。子供と高齢者は、重症化する傾向にあります。
今年のインフルエンザの特徴は高熱や頭痛に加え、嘔吐や下痢の症状が出る事です。
妊婦さんは元々体力が低下しやすく感染症に罹りやすいのですが、赤ちゃんにたくさんの酸素を供給する為に心肺機能が低下し重症化しやすくなっています。
リンゴ病やおたふく風邪、インフルエンザのどれにも共通しているのがウイルス病という事であり、なかなか有効的な予防法や治療法が存在しないという事も共通化しています。
これらのウイルス病の予防は基本的な事になりますが、手洗いやうがいをしっかりするという事になります。
そんな中で推奨されるのが、たんぽぽ茶「ショウキT-1」です。たんぽぽ茶「ショウキT-1」の開発者は、元WHOの職員であった邵輝(ショウキ)医学博士です。


たんぽぽ茶「ショウキT-1」はウイルスが増殖する時に必要なタンパク質の供給を遮断し、腎臓にある腎糸球体の血流を促進し原因となるウイルスを速やかに尿と共に排出致します。
誰もが罹る病気ですので、常日頃からの予防に目を配りたいですね。「予防に勝る治療無し」と古来から言われていますので、毎日たんぽぽ茶「ショウキT-1」を1包ずつ服用される事をお勧め致します。

 

image1

 

 

 

【関連キーワード】