たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

たんぽぽ茶ショウキT-1開発者の卲輝先生の御講演

ニュース 2016年04月11日

タンポポ茶ショウキT-1の開発者、医学博士 邵輝先生 が広島県でご講演をされました。

まずは邵輝先生のプロフィール紹介です。

 

米国生殖医学会会員、神戸東洋医療学院講師、産業医科大学非常勤講師、天津中医薬大学客員教授、鑑真学院教授、プーアル茶茶文化センター館長などを兼任。毎日放送・情報番組「なるほど!」解説者(ツボ・漢方など東洋養生)、朝日カルチャー「薬膳入門」講師、NHK文化センター「食養生」講師、リーガロイヤルホテル、シェラトンホテル、阪神ホテル「薬膳セミナー」アドバイザーなど活動は多岐にわたり、英ウィメンズクリニックをはじめ、クリニックママ、谷口眼科、工藤クリニック、船戸クリニックなどの漢方相談も実施しており、専門分野は、鍼灸、漢方、ウイルス免疫学、遺伝子学、予防医学に焦点をあて、東洋医学の可能性を総合的な観点から追求されています。タンポポに高い抗ウイルス効果及びホルモンに作用することを突き止め、有効成分(T-1)の存在を発見。タンポポ研究の第一人者で、「タンポポ先生」とも呼ばれています。

 

そんな邵輝先生のご講演を貴重な映像とともに内容を少しご紹介致します。

 

 ・西洋医学(病院)でできること

1)不妊の原因をみつけること(卵管が詰まっていないか、等々)

2)排卵を誘発すること

3)女性ホルモンを一時的に補充すること

4)妊娠のタイミングをあわせること

5)子宮ポリープや卵管癒着などを治療すること

6)受精の手伝いをすること

では東洋医学(漢方)でできることは・・・・。

 

・昔の方々の知恵で、生理中は頭を洗ってはいけない、と言われてきました。なぜなら頭を洗うと・・・・。

 

・20代女性が排卵した卵子の受精可能時間は12時間といわれています。では30代女性は・・・。

 

  

・女性の低温期、高温期はホルモンの変化によって起きます。ホルモンが変化しない男性の料理は味が均一になりますが、「おふくろの味」と言われる女性はホルモンが変化する事によって味覚も変化し、毎日少しずつ違う料理の味になるのです。不思議ですね。では適正なホルモン数値はどれくらいなのでしょうか。一般的には・・・。

 

 

・女性ホルモンを作る時間帯があります。1日中作っているわけではないのです。その時間にある事をしなければ作られなくなるのです。では何をすればいいのか。実は○○すればいいのです。さらに良い卵子を作るには○○が8時間必要です。

 

・男性(ご主人)にご協力頂きたい事もあります。まず、女性は冷やさない事をお話しましたが、男性は下半身を冷やす事です。次に食事です。食事は無添加を心掛けましょう。実は精子は・・・。

 

 

 

内容が気になる方は主催された薬局でご相談下さい。

 

広島市 漢方の千幸堂薬局 

http://chiyukido.jp/

 

福山市 元気堂薬局

http://www.p-genkidou.com/

 

 

講演予定は下記URLから確認できますよ♪

http://www.kodakara-c.com/blog/

 

 

 

子宝カウンセラー指導士 浅野文太

【関連キーワード】, ,