たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

エビデンス解説!タンポポ葉抽出物T-1エキスによる血糖降下作用

学会発表解説 2015年04月18日

タンポポ葉抽出物T-1エキスによる血糖降下作用

 

第31回和漢医薬学会 

2014年 株式会社徳潤 邵輝 白莉 野崎利晃、富山大学 白木公康 

 

【目的】  糖尿病患者への漢方治療における効果はさまざまな報告がされているが、蒲公英由来抽出物T-1の食後血糖値に着目しての効果を検討した。

 

和漢薬学会とは・・・和漢薬の資源、品質管理、作用機序、臨床研究などについて科学的視点から最新の知見を討議し、基礎と臨床の橋渡しをすることにあります。

この目的に沿って、学会誌の発行と学術大会の開催を通し、和漢薬を様々な形で研究の対象とする薬学者、医学者医師薬剤師などが一堂に会して情報交換すること。

漢方医学を始めとする伝統医学の体系を様々な形で研究する仲間が集い、情報交換すること。要素還元論に立脚する自然科学と「複雑系・多成分系」の体系である伝統医薬学の融和を求めること。

そして、新たな治療学を形成し、その成果を国民に還元することを目的とした学会。

 

血糖値の変化は我々の健康と密接な関係にあります。低血糖になると眩暈や昏睡を引き起こし、高血糖になると糖尿病となります。通常ラット実験において人間も摂取する機会の多い「グルコース(ブドウ糖)」「フルクトース(果糖)」「マルトース(麦芽糖)」「スクロース(ショ糖)」が使われますが、当実験では「でんぷん」が使われていることが大きな特長となります。

 

グルコース・フルクトースは単糖類に属しているのですぐに吸収されるので急激に血糖値があがり、急激に下がります。また、通常の生活において糖分をそのまま摂取する事は考えにくく、デンプンを原料に含む食品が多いこと、またラットに消化吸収を行わせることによって、より正確なデータをとっています。

 

 この実験により、蒲公英抽出エキスT-1にはでんぷん、すなわち糖質摂取後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できることが分かった。

 

 

ketouti

 

 

 

 

【関連キーワード】