たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

食後の血糖値上昇を抑制する

学会発表解説 2015年08月17日

学会発表記事
http://www.shawkeat-1.com/gakkai/325/

 

食後の血糖値上昇を抑制する

臨床医学研究会 2004年

神戸東洋医療学院 邵輝 早川敏弘

 健常な成人男女を10名ずつ、食後30分後にタンポポT-1を飲むグループと飲まないグループの2組に分けてそれぞれの血糖値を測定したところ、タンポポT-1の血糖値を下げる効果が証明された。

食後の血糖値上昇を抑制することにより、食後高血糖を予防することができます。
食後高血糖は糖尿病だけではなく、糖尿病予備軍においても重要な1つの指標となります。
食後高血糖は重篤な合併症が発症する危険性を上昇させることもわかっています。

健康な人では血糖値が上昇すると膵臓から適切な時間に適切な量のインスリンが分泌され、血糖値が低下しますが、糖尿病や糖尿病予備軍の方々はインスリン分泌量が少なかったり血糖値が低下せずに高血糖の状態が続いています。

ショウキT-1で食後高血糖を予防しましょう。

・がんの発症リスクを高める
・糖尿病性網膜症の発症リスクを高める
・動脈硬化の危険性
・認知機能に悪影響
・脳卒中や心筋梗塞などのリスク

【関連キーワード】