たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

月経前症候群(PMS)

用語辞典 2014年10月04日

月経前症候群(PMS)は月経前の時期に50~80%の女性に起こります。

生理の開始と同時に症状が軽くなったり無くなったりする特徴があり、原因のひとつには月経周期中にエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に変動するためと考えられています。

年代としては20~40歳代に多くみられる症状になります。

炭水化物が不足すると神経伝達物質であるアドレナリンが放出されます。

そうなるとPMSの症状であるイライラが起こりやすくなるなどの精神症状がより強く現れることになってしまいます。

 

イライラしないために食べたら良いもの

 

○積極的にとりたい食品

 

豆類(豆腐・納豆・みそ)

緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレン草)

海藻類(昆布、ワカメ、ひじき、海苔)

植物油脂(オリーブ油、大豆油、サフラワー油)

種実類(ゴマ・落花生・アーモンド)

精製していない穀類(玄米・そば)

 

○避けたい食品

 

砂糖(白砂糖・ジュース)

塩分(食塩・漬物・ベーコン・ハム)

カフェイン(コーヒー・紅茶・日本茶・チョコレート)

アルコール(ビール・日本酒・カクテル)

添加物(加工食品・既成食品)

漂白した小麦粉とその加工品(パン・ケーキ・パスタ)

 

たんぽぽ茶ショウキT-1はドーパをドーパミンに変えアドレナリン・ノルアドレナリンを制御または、亢進しバランスを保ちます。

【関連キーワード】