たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

精液検査の基準

用語辞典 2015年05月20日

そもそも日本人の精液検査の平均値は出ていません。

これは、妊娠された方は精液検査を受けない為です。

 

男性の場合は日によって精液検査の結果が大きく

異なるケースがありますので、精子検査は、

一回ではなく二回は受ける事をおススメします。

 

費用は3,000円位で検査する事が可能です。

痛みを伴う検査ではございません。

 

精液検査の基準値(WHO:2010年改訂)は、

これ以上はないと妊娠がむずかしいと考えても良いです。

 

■ 精液量:1.5ml以上

■ pH:7.2以上

■ 精子濃度:1ml中に1,500万個以上

■総精子数:3,900万個以上

■精子運動率:32%以上

■精子正常形態率:4%以上

■精子生存率:58%以上

■白血球数:1ml中に100万個以下

 

以上の検査より、乏精子症・精子無力症・奇形精子症・

無精子症などの判定を行います。

 

注意事項といたしまして、禁欲の日数が上げられます。

 

病院・クリニックによっても禁欲のおススメ日数が違いますが、

一般的には2~7日と言われています。

最近は、禁欲が造精機能に悪影響を与えるなどと言われます。

禁欲期間は2~3日で良いとする病院が増加しています。

【関連キーワード】