たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

おりものの変化について

用語辞典 2015年08月12日

そもそも、おりものがある事は、正常で普通のことです。
特に透明でサラッとしているおりものはまったく正常なもので、いつでも起こります。運動後は、特に多くみられることがあります。
おりものに粘り気があり、粘液のような場合は、排卵と関係します。

異常なおりものは、黄色か緑色をしており、塊で出たり、いやな臭いがしたりします。異常なおりもののほとんどは、酵母や細菌感染が原因です。見た目がいつもと違うおりものや、いやな臭いがするものに気づいたら、診断、治療を受ける必要があります。
茶色や血が混じったおりものは、時期にもよりますが、多くの場合が正常です。月経周期中にみられるものは正常です。

<おりものからわかる病気>

●おりもの白色で白くモロモロとしたかたまり、かゆみや外陰部の発赤、腫脹があれば・・・カンジダを疑う

※セックスでの感染を心配されていますが、その可能性は極めて低いです。

●黄色または緑色の泡沫状のおりもの・・・膣トリコモナス・クラミジア・淋病
(上記の状況で膿性であれば淋菌性子宮頚肝炎)

※セックスでの感染の可能性は高いです。

●褐色のおりもの・・・子宮頸管ポリープや子宮筋腫、子宮頸がんや子宮体がんの可能性
(上記全ての可能性が否定されるときは萎縮性膣炎)

【関連キーワード】