たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

子宮奇形(しきゅうきけい)

用語辞典 2015年09月25日

不妊症の原因の一つに上げられる、「子宮奇形」とは女性の5%に見られ、

先天性の子宮の奇形のことをいいます。

 

決して珍しいものではありませんが、痛みやかゆみ等の自覚症状は無く、

目に見える部位でもないので気が付く事もないです。

 

妊娠時や不妊治療の際に判明することが殆どです。

言葉で表すと非常に難しいですが、以下の子宮奇形があります。

 

◆重複子宮:独立した子宮が2つあり、膣や子宮口も分かれている

◆双角双頚子宮:子宮の中に2つの内腔があり、子宮口も2つある

◆双角単頚子宮:子宮がハートの形で、子宮内腔がくびれている

◆中隔子宮:子宮の形は変わらないが、内腔に壁ができている

◆弓状子宮:子宮の上の子宮底部が少し窪んでいる

◆単角子宮:子宮ができるときに左右のミュラー管が癒合して、

                 片側が欠損した状態や痕跡だけを残した状態で、

                 子宮が通常の大きさの半分ほどしか無いこともある

 

子宮奇形があると、赤ちゃんがお腹の中で成長する過程で

成長が止まってしまうこともあります。

 

不妊の原因の一つにもなります。

 

先天性の為に良くするのは困難ですが、妊娠出来ない訳ではありません。

【関連キーワード】