たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

高血圧(こうけつあつ)

用語辞典 2014年08月26日

高血圧には本態性高血圧と二次性高血圧があります。

 

高血圧の全体の約90%が本態性高血圧です。血液検査、さまざまな検査などによって原因を特定できる二次性高血圧が否定されると、本態性高血圧という診断になります。

 

原因は、遺伝因子と環境因子が関係すると考えられています。候補遺伝子があるだけで発症するのではなく、食塩の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎ、肥満、ストレスなどの環境因子が相互に関連し合って血圧上昇に働いています。

 

検査は、診察室で水銀血圧計を使って、決められた方法で測定された血圧値が用いられます。最高血圧で140mmHg以上、あるいは最低血圧で90mmHg以上、または降圧薬を服用している人が高血圧と定義されます。初診時にまず、血圧、心拍数の測定が行われます。

 

高血圧を治療することの意味は、心筋梗塞しんきんこうそくや脳卒中などの心血管病の発症を抑え、死亡率を低下させることです。高血圧の人は心血管病を発症しやすく、死亡率も高いということになります。

 

血圧が高ければ高いほど、脳卒中や心臓発作を発症する危険性が高くなります。最高血圧が20mmHgもしくは最低血圧が10mmHg上昇するにしたがって心血管病の危険性は2倍になります。しかし、適切に降圧がなされれば、脳卒中の発症率を35~40%程度低下させ、心筋梗塞の発症も20~25%程度低下させることが確認されています。

【関連キーワード】