たんぽぽ茶ブログたんぽぽ茶ブログ

「妊娠中期~安定期に入ってから気をつけること」

豆知識 2016年02月16日

子宝カウンセラーの鎌谷です。日々カウンセリングをしていて最も嬉しい瞬間があります。

それは・・「妊娠しました!」とご懐妊の報告を受けるときです。カウンセラーとして少しでもお役に立てたかなと実感できる瞬間ですね。本当に我が事のように嬉しいです。

先日もカウンセリングを受けて頂いた方に久しぶりにお会いしたときに「おかげさまで妊娠しました!今5ヶ月で安定期に入りました。お腹大きくなりましたよ。」としばらく会わないうちに安定期に入りお腹も大きくなられていました。「こんなにすくすくと育っています。どうぞ触ってみてください。」と初めての経験でしたが、妊婦さんのお腹を触らせて頂きました。この方にアドバイスしたことですが、妊娠中期(妊娠16週~27週)の方に該当することですので、以下ご参照頂けたらと思います。

 

妊娠中期とは【妊娠16週~27週】

 

妊娠5ヶ月

皮下脂肪がついてきて体がすっかり丸みを帯びてきます。つわりも治まり、体重が増えだす時期です。食べ過ぎに要注意。体の形はだいたい整い、これからは体の各部位が大きくなっていきます。毛髪や爪が生え、指紋も判別できるようになります。腎臓、膀胱が機能し始め、羊水を飲んではおしっこをしています。

 

6ヶ月

 おなかがせり出してきます。重心が前方にずれるために、腰背部痛が起きたり足の筋肉がつったりします。乳腺が発達し、押すと薄い乳汁が出ることもあります。ほとんどの人が胎動を感じます。

胎嚢という袋にはいっている胎児は、羊水を漂いながらとても活発に動きまわっています。まつ毛、まゆ毛が生え始め、顔が整ってきます。まぶたが上下に分かれ、目を開いたり閉じたりします。

 

7ヶ月

 立ちくらみ、むくみ、便秘など、おなかが大きくなるにつれ不快な症状が増えてきます。妊娠性の貧血が出るのもこの時期からです。

脳が発達して、体全体の機能をコントロールできるようになり、自分の意思で体を動かすこともできます。外の音や声に反応するようになります。

 

 

 

「妊娠糖尿病・浮腫みについて」

2010年に診断基準が変更されて、妊婦の8人に1人がなると言われる「妊娠糖尿病」が増えています。妊娠糖尿病とは、妊娠をきっかけとして血糖値が高くなるなど糖尿病の症状が発生することを言います。

妊娠中は排出(解毒)機能が大幅に低減しますので、通常時に健康な方々でも高血糖になりやすくなります。母体の高血糖は胎児の健康に悪影響を及ぼすので、妊娠中も解毒作用のある、たんぽぽ茶「ショウキT-1」をお勧めします。また妊娠中期には、浮腫みや静脈瘤が出やすい時期なので、ショウキT-1は利水作用があり、飲まれると良いと思います。

 

良くある質問をまとめてみました。

 

■他の健康食品や栄養剤と一緒に飲んでもいいですか?

 用量に従って飲んだり食べたりする分にはまず問題はありません。ふだんの食生活こそが健康の基本であることをお忘れなく。栄養のバランスに気を配り、鉄やカルシウムを多く含む食品を意識して摂ることが重要です。「棗参宝」は、鉄やカルシウムを豊富に含んでおり、女性にとって必要な栄養素を補うことが出来ます。また食生活を一食ごとで考えずに、1日や1週間単位でとらえ、不足がちな食品を摂るようにしましょう。

 

■虫歯治療は赤ちゃんに影響ありませんか?

 妊娠中は何をするのでも、赤ちゃんは大丈夫かしらと心配になりますね。基本的にはお母さんが苦痛を伴うことでなければまず大丈夫。心配しすぎることは、逆にお母さんにストレスがたまってしまいます。体調的には妊娠中期(16~27週)が楽かもしれません。妊娠中であることを告げることもお忘れなく。そのほかにも美容院に行きたい、パソコンは大丈夫?などの心配も同様です。ストレス対策に精神疾患にも有効な「松康泉」や身体を温めてリラックスする温灸がお勧めです。

 

■夫婦で楽しく旅行をと考えていますが・・・

 妊娠経過の順調な人で、妊娠中期の安定期ならば旅行してもかまわないでしょう。ただし行程は、ゆとりを持って計画しましょう。予定が決まったら医師に告げ、アドバイスをもらってください。

 妊娠中期は、高血糖やむくみなどに注意して下さい。

妊娠中は、生理が無いため解毒されにくく、血糖値が上がりやすく、水毒がたまりやすいのでむくみやすくなります。対策として「たんぽぽ茶ショウキT-1」を旅行中も持参して飲まれることをお勧めします。

 

 

kazoku

 

妊娠期間を俗に十月十日と言いますが、

産科医から告げられる出産予定日は、

最終月経の第1日目から数えて280日目です。

 

280日の妊娠期間にトラブルやお悩みもあることでしょう。

母子共に健やかに産まれてくるために、

少しでもご参考になれば幸いです。

1人でも多くの方に幸せが訪れますように。

 

子宝カウンセラー

鎌谷 功

 

 

 

 

 

 

 

【関連キーワード】